月別アーカイブ: 2016年3月

アーカイブとサーチstdは性行為感染症のこと、b型肝炎もその一つ

性行為感染症を別名stdと言います。これは文字通り性行為によって感染する病気です。そして性行為を安全に行うことにより予防をすることもできるのです。stdには、いくつかのものがあります。代表的なものは、HIV感染症、そしてHCV、つまりc型肝炎、そしてHBV、b型肝炎などがあります。そしてクラミジア、淋病、カンジダなどよく見られる病気もありますね。はじめに挙げたHIV、c型肝炎、そしてb型肝炎はstdに含まれるものですが、性行為だけではなく、血液感染、そして母子感染などもあります。そのために、もしb型肝炎などに感染していることが分かったら、治療を早く行うことが大切です。いずれの病気も感染してから、すぐに症状が出る人と、なかなか症状が出なくて自分が感染していることが分からなかったという人もいます。そのような感染症であるからこそ、余計気を付ける必要があるのです。性交渉を行って、自分が性行為感染症であるかもと思った時には、検査を受けることが大切なのです。HIV感染症、c型肝炎、そしてb型肝炎は血液検査を行って判定することで確定診断をすることができます。つまり体内の血液中にウイルスがいるかどうかを判定するのです。もし感染しているのに知らなかったら、自分のパートナーに感染させてしまうことだってあります。また妊娠して検査をして初めて分かったという時には、適切な治療を受けなければ、赤ちゃんの感染の危険を与えてしまうことになるのです。きちんと検査をして治療を開始すれば、慢性化した状態で体はよい状態を保つことができます。また他の人に感染をさせてしまう可能性があるので、コンドームを使用するなど意識を高く持つことができます。