月別アーカイブ: 2015年10月

アーカイブとサーチ感染症の尋常性白斑病は免疫不全の時に注意が必要

尋常性白斑病は前兆などなく皮膚の色素が抜けて白色の斑点が生じる感染症です。
その見た目から白なまずと呼ばれることもあります。
尋常性白斑病は遺伝的なものではなく後天的はものであり、症状がみられるのは子供から高齢の方まで幅広いです。
感染症でありつつも皮膚に対する美という観点以外では身体に生じる影響がないものの、完治が困難な皮膚病の一つとされており非常に治りにくいとされています。
体調が思わしくなかったり、疲労が蓄積しているなど免疫不全の際に発症してしまう恐れが多いという特徴があります。
皮膚に生じる症状としては表面に出るものの西洋医学的な観点や中医学的な観点でもみても免疫不全との関係性は深いとされています。
中国において尋常性白斑病は、西洋医学的な治療のみならず漢方薬と針を用いて治療する病院も存在し皮膚の疾患でありながらも全身を治療することで完治を目指します。
感染症の尋常性白斑病の初期段階は親指の先程度の大きさの白い色の斑点が3個程度発生します。
その後、徐々に数が増加し始め、範囲も広がっていきます。
尋常性白斑病はA型とB型の2つに分かれており、各々で経過とその後の様子が異なります。
A型の場合は、2個もしくは3個の白斑から生じ始めます。
少しずつ数が増加し、そのまま放置してしまうと全身に拡大していきます。
体幹部はもちろんですが、手足や顔面などあらゆる部位に生じます。
中でも衣類などで擦れることの多い首もしくはベルトの部分などは左右が同時に生じるという特徴があります。
そして、身体の両側と全身に起こります。
原因としてはやはり免疫不全が挙げられます。
ストレスや環境の変化により身体の内部から免疫不全に陥っているときは注意が必要です。