月別アーカイブ: 2014年7月

アーカイブとサーチ帯状疱疹は遺伝する可能性がある

帯状疱疹は帯状疱疹ウイルスによってひきおこされる皮膚へのウイルス感染傷です。
水疱瘡は一度かかると免疫ができるため通常二度かかることはありません。
ウイルスは水疱瘡が直ったあとでも症状はないものの神経の細胞に住み続けています。
なんらかの原因で免疫が低下した時に,ウイルスが増殖し神経の支配領域にある皮膚に水泡を作り症状が出てきます。
通常帯状疱疹は一生に一度しかかからない病気です。
よって帯状疱疹は遺伝する可能性としては少ないです。

帯状疱疹の原因は過労、ストレス、加齢、日光などによって免疫が低下したためウイルスが再活性化することによって引き起こされます。
帯状疱疹の症状は神経のそうこうに沿って帯状に赤い発心と水ぶくれが出現し痛みやかゆみが表われます。
発心や水ぶくれは左右どちらかの半身に出現するのが特徴です。
水ぶくれはやぶれてビランとなりかさぶたを付着するようになって治ります。
皮膚病炎のけいかいとともに痛みは軽減しますが、皮膚病炎が直ったあとにも神経の痛みが残ることもあります。
これを帯状疱疹後神経痛と呼ばれます。

帯状疱疹の検査は特にありません。
おもに過労やストレス、加齢、日光などによるものが多く帯状疱疹は遺伝する可能性は極めて少ないといえます。

アーカイブとサーチ帯状疱疹が起こるのはいつ?

帯状疱疹が起こるのはいつかというと、水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こされるウイルス感染症の一種ですので、一般的には体調を崩しやすい季節の変わり目に多いと言われております。
年齢的に水痘患者数の多い小児との接触機会の多い幼稚園や保育園の従事者には、帯状疱疹の患者数が少ないということが明らかになっていると言われております。
これは、ウイルスとの接触により免疫価が高くなり、帯状疱疹が発症し難くなっていると考えられているからです。
基本的には一生に1回であることが多いですが、2貝以上の人もおり発症部位は異なることが多いようです。
帯状疱疹としてではなく、水痘として感染す飛沫感染ではなく接触性の感染で、水疱の中に存在している水痘・帯状疱疹ウイルスが気道の中で増殖して水痘となるようです。
一度水痘になると、たとえ治癒しても水痘のウイルスが神経節に潜伏している状態が続くと言われております。
ストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光などの刺激によって免疫力が低下すると、ウイルスが神経細胞を取り囲んでいるサテライト細胞の中で再度増殖することがあるようです。
この増殖によって生じるのが帯状疱疹で、ウイルス再活性化のメカニズムは不明のようです。