帯状疱疹ケアサポート

帯状疱疹は誰にでも起こり得る病気です。いざ発症してしまう前に、予め治療の知識をつけておきましょう。

帯状疱疹にかかってしまったかもしれないと悩む女性

感染症、性病に関する、std研究は進んでいる

性病や感染症を研究している研究者感染症の中でも性病については研究が進んでいる分野であるといえます。そのような研究をstd研究と呼んでいますが、このような分野は非常に重要な意味を持っています。
感染症とは、一般的に菌やウイルスが感染する事で起きる症状と考えられています。そのため、風邪や水疱瘡、風疹や麻疹もその中の一つとして含まれています。勿論、性病もその中の一つです。性病は一般的に性行為によって感染すると考えられています。大きく言えば誤りではなく、感染経路の中でも主な原因は確かに性行為ですが、実際にはキスでも伝染するケースがあるとされていますし、血液を介した感染もあると言われています。本来性病とは、咳などは見られず性行為によって感染するタイプの感染症に過ぎませんがある種特異的に性行為で罹る傾向があるので実態を理解されていないまま多くの人が不安に感じてしまっているのです。
しかし、このような性病に関するstd研究が非常に進んできたのである程度コントロールできるようになりました。例えばペニシリンの開発によって梅毒を治療する事が可能となりましたし、コンドームの着用が単に避妊だけに効果を持つものではないという事も明らかになりました。今では避妊のためだけでなく、感染症予防のためにコンドームを着用する事が当たり前となっています。また、性病は多くの場合は治療方法がありますので、産婦人科で相談してすっきり治す事も可能なのです。ただしHIVウイルスはその限りではありません。それでもHIVウイルスは致死性が高い不治の病とされていましたが、エイズの発症を食い止めながら、一部性行為などに障がいがあるものの、ほぼ普通の日常生活を送る事が出来るようになりました。そのような功績がstd研究によってなされていますので、気になる方はより詳しく調べてみると良いでしょう。