帯状疱疹ケアサポート

帯状疱疹は誰にでも起こり得る病気です。いざ発症してしまう前に、予め治療の知識をつけておきましょう。

帯状疱疹にかかってしまったかもしれないと悩む女性

性感染症問題への取り組みとカンジダ症治療の現状

カンジダ症治療について伝えようとしている女性医師性感染症に悩まされる人が年々増えてきています。世界的にも問題とされており、sexually transmitted diseasesの頭文字をとってstdという略称をもって多くの人に認識される社会問題として広まってきました。性のネガティブな面として知られているstdの問題を解決へと導いていくために世界中でstd研究が行われてきており、数ある感染症の実態や症状、検査方法や治療方法などが開発されてきています。感染症であるということから拡大を防ぐということが重要なことであり、患者に速やかに感染していることを理解してもらうことや、感染した場合に治療ができるということは実現されなければならないことです。std研究では症状についての詳細な理解が重視されるとともに、簡便な検査方法の確立や根本的な治療方法の開発が目指されています。std研究の恩恵を受けて、カンジダ症についても理解が深まってきました。性器カンジダ症は女性に多い感染症であり、カンジダ属の真菌が原因となっています。感染力があまり高くないため、皮膚や口腔内に存在していても症状が出ることはあまりありませんが、疲労やストレス、病気などによって免疫力が低下することによって症状が出るリスクが赤まります。カンジダ症の検査は綿棒などで菌をとるだけの簡単な検査であり、その日のうちに結果を伝えてくれる医療機関も多数あります。有効な抗菌剤も開発されていることから症状が生じた際に治療を行うのも比較的簡単です。しかし、カンジダ菌はあまりにありふれている菌であって口腔内や腸管内、皮膚上にも常在していることから、根滅することは困難となっており、再発のリスクは考慮しなければならないのが現状です。